理学療法士とリハビリテーション

理学療法は、障害や毛がそして病気などが原因でさまざまな運動機能が低下してしまった場合、運動機能を維持することや、改善することを目的として行うものです。目的に使われるものは、温熱や運動また電気を使うこともあります。運動などと併用して微弱の電気を体内に通すことで機能の活性化が見込まれる可能性もありますし、マッサージなどを取り入れていくことで改善していく可能性もあります。 理学療法士がリハビリテーションでさまざまな患者さんたちに運動機能の改善を行っていくことでは、医師からの指示のもとに行っています。理学療法士がリハビリテーションで行う大きな目的は、完治ではなく改善となり毎日の生活やその質を運動など行っていく事で良くしていく形にもっていきます。例えば、トイレに一人でいくことができない人、着替えも人の手を借りなければならない人、一般的には何事も自然とできる行動に困難がある場合は、一人ですべてを行えるように改善していきます。なんらかお障害があっても、人間らしい生活をするためにはある程度自分で行う動作が出来なければなりません。 理学療法士は、運動機能の改善を行っていく事に関して多くの知識をもっています。年齢が原因で運動機能の低下が起こっている人に対しても、できるだけ今の機能を維持してそれ以上に落とさないようにしてくことも行います。健康志向の強い中で、体力温存を心がけている人たちの手助けも行っていきます。



◇外部リンクサイト◇
作業療法士とはどういった職業なのか、また資格を得るためにはどういったカリキュラムが必要なのかが掲載されている専門学校のサイトです > 作業療法士の専門学校

メインメニュー